メニュー

胸痛

胸痛 (胸が重苦しい、圧迫感、不快感)

胸痛は循環器内科を受診する患者さんでよくある症状の一つです。外来を受診する胸痛の半分以上は心臓が原因でない痛みと言われており、原因としては消化器症状(胃食道逆流症など)が多いと言われています。動かすと痛い、姿勢を変えると痛い、圧迫すると痛いなどは筋骨格系が原因であることが多く、咳や痰を伴ったり、呼吸により痛みが悪化するときは肺炎、胸膜炎(肺を覆う膜の炎症)や気胸(肺が傷つきしぼむ病気)など肺や胸膜が原因のこともあります。その他、心臓神経症やパニック障害など精神的な原因で胸痛が起こることもあります。

循環器疾患としては狭心症や心筋梗塞が代表的です。前胸部の締めつけられるような痛み、圧迫感を感じることが多く、時に背部や肩、奥歯が痛む方もいます。

狭心症では、階段を上る、急いで歩くなど一定以上の労作で胸痛が出現して、休むと改善することを繰り返すのが典型的です。心臓を養う血管(冠動脈)が動脈硬化により狭くなり、血流障害が起こっている可能性があり、循環器内科での精査が必要です。注意が必要なのは、これらの症状が今までより軽い労作や安静時に出現したり、胸痛の持続時間が長くなる、痛さの程度が強くなるなどあれば、不安定狭心症という心筋梗塞に移行しやすい状態(冠動脈が血栓等で詰まりかかっている)であることもあり、早急に医療機関を受診することが大切です。急性心筋梗塞は突然の20-30分以上持続する胸痛が起こる事が多く、冠動脈が血栓等で詰まって心筋に酸素が供給されず心筋の壊死が進行している状態です。心筋壊死による様々な合併症(不整脈、心不全など)を起こす可能性が高く、緊急で医療機関への受診が必要です。病院では必要に応じて緊急心臓カテーテル検査などが考慮されます。その他緊急を要する胸痛を起こす疾患としては急性大動脈解離、大動脈瘤の切迫破裂、肺塞栓症などがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME