メニュー

心臓弁膜症(僧帽弁疾患、大動脈弁疾患など)

心臓内を血液がスムーズに流れるように、心臓には膜でできた4つ弁があり、ある程度血液を溜め、押し出した後、血液が後戻りしないように働いています。弁膜の病気としては弁の閉じ方が悪くなる閉鎖不全症と弁の開きが悪くなる狭窄症があり、これらを総称して心臓弁膜症と呼びます。

以前はリウマチ熱に伴うものが多くを占めていましたが、最近は高齢化とともに動脈硬化性変化の結果として、高齢者の大動脈弁狭窄症が増えており問題となっています。

心臓弁膜症の治療は、軽-中等症であれば無治療で経過をみたり、薬物治療を行うこともありますが、重症になれば手術治療が基本となります。当院では心臓エコーなどを用いて心臓弁膜症の重症度を評価し、必要に応じて専門施設に紹介し、手術適応など治方針を決めています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME