メニュー

睡眠時無呼吸症候群在宅管理

睡眠中に10秒以上呼吸の停止(無呼吸)をくりかえす病態で、昼間の眠気につながり、交通事故などとの関係で社会問題となっています。一方で、経年的に動脈硬化疾患(狭心症や心筋梗塞、脳血管疾患など)や生活習慣病(高血圧、糖尿病など)の進展に寄与することが知られ、最近特に注目されています。当院では、携帯型睡眠検査装置での評価を行い、適切な治療(夜間に自宅で行う持続陽圧呼吸療法など)を提供しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME