メニュー

下肢閉塞性動脈硬化症

下肢の閉塞性動脈硬化症は、糖尿病、高血圧、脂質異常症、喫煙など生活習慣病の管理不足などが原因となり、下肢に動脈硬化が進展して、下肢動脈が狭窄・閉塞を起こしている病気です。症状としては、一定の距離を歩くと足が痛くなり安静にすると改善するなどの症状や、足の冷感、しびれなども見られます。

当院では血圧脈波検査装置や下肢血管エコーなどで診断を行います。必要に応じて専門施設で造影CTや血管造影で精査し、適応のある症例には血管内治療やバイパス術にて治療します。なお、よく似た症状が、脊椎の異常により脊髄や神経が圧迫されることにより生じる場合があります。こちらが疑われる場合は脊椎脊髄治療の専門施設への紹介を考慮いたします。
 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME